×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビジネスマナーの基本常識 > 名刺交換のマナー >

名刺入れを用意しよう

名刺は、財布や定期入れに入れるのではなく、専用の名刺入れに入れるようにします。 先方にいち早くスマートに名刺を渡せるように準備しておきましょう。

名刺の取り扱い

名刺はその人の分身です。折ったり汚したりしないよう、丁寧に取り扱います。 また、自分の名刺にはあなたの会社の社会的信用が込められているものですから、 悪用を防ぐためにも軽々しく配るのは避けましょう。 プライベートのお酒の席で誰かれかまわずにバラまくのはもってのほかです。 名刺入れは基本的に上着の内ポケットに入れます。ズボンのポケットに入れるのは失礼です。

名刺を出すときのポイント

名刺を差し出すときには、次の点に注意します。
@名刺の受け渡しは立って行う
A両手で差し出す
名刺を差し出すとき、名刺入れを置く場所があれば置き両手で差し出したほうがよい。 片手に名刺入れを持っている場合は、片手で出してもよい。
B目下の者から先に差し出す
訪問したほうが先で、目下の人が先に出すのが一般的である。
C必ず名乗って差し出す
×「私はこういうものですが・・・」
○「日本商事の青木と申します」

名刺をいただくときのポイント

@名刺をいただくときも、差し出すときと同様に両手が原則
A名刺をいただいたら、会社名、部署名、氏名を確認する
読めない文字や読み方に迷ったときは、「恐れ入りますが、何とお読みしたらよいのでしょうか?」 と確認する。たとえば、「上村」は「カミムラ」「ウエムラ」と二通りの読み方がある。

SEO対策:名刺 SEO対策:ビジネス SEO対策:マナー

スポンサードリンク

メインメニュー

リンク